FC2ブログ

がじろうのレンジアップ浪漫譚

まぁなんというか自らのお昼のためだけに料理をする中年差し掛かり野郎が、せっかくなのでとっても適当にブログしてみようと思ったわけなんだ。うん。・・・うん。

ガジロンドンの航海日記8

海の男、ガジロンドン。
今日はこの彼の活動を秘密裏に調査してみようと思う。
われわれは現地に向かった!

船は・・・港につけてあるとの情報を聞きつけたわれわれは、更なる情報を入手するため、酒場にて話を聞くことにした。
「あのオヤジなら、郊外にでているよ。」
船乗りが郊外にでてなにをしようというのか!?
謎が謎を呼ぶ展開。誰とも無く、その期待感に興奮してか、言葉数が多くなっていた。
しかして郊外。われわれは彼を発見した!

20060228073131.jpg


草むらにたたずむ男。海の男が何故このような・・・?
そう思っていたわれわれの目に、信じられない光景が!!

なんと地面を掘り始めたのだ!!

20060228073213.jpg


これには皆驚いてしまった。船に乗ることが生きがいであるはずのそれ以外には単なるハ・・・熟年ハードボイルドなこの彼に何が起きたのか・・・?

物思いにふけっていたわれわれであったが、突然のうめき声に我に返る。取材班が山賊に襲われたのだ!!
相手はナイフを持ち、取材班を人質に、金品を要求してきた。
どうすれば・・・そううろたえていたわれわれの間を縫って、一つのハゲ・・・いや影が山賊にとびかかった!!
「とぉりゃーー!!」
その勢いに驚いたのか、山賊は人質を離してしまう。
彼は勇敢にも山賊と対峙した!

20060228073237.jpg


ものの2分程度であったか・・・緊迫した状況はむしろ何時間にも感じられた。が、彼の短剣が山賊の急所を捉えるのを誰一人見逃すことはなかった。
「わっはっは!わしの勝ちじゃーーー」

20060228073333.jpg

そう勝どきをあげた彼に、われわれはお礼方々、取材を敢行しようとした!!
が・・・彼は見向きもせず・・・

掘った。

20060228073359.jpg


謎の男、ガジロンドン。彼は一体どのような人生を歩むのか。

次回へ続く。
スポンサーサイト



  1. 2006/02/28(火) 07:47:53|
  2. 冒険譚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ガジロンドンの航海日記7

[ガジロンドンの航海日記7]の続きを読む
  1. 2006/02/16(木) 20:47:50|
  2. 冒険譚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガジロンドンのバレンタインデー

 わしはガジロンドン。海の荒くれ野朗じゃ。
 わしに色事は必要ない。いつ死ぬともわからぬ人生じゃからな。

 しかし。
 しかしじゃ。
 イベント事の際にはやはり皆と共に喜びを分かち合いたい。
 バレンタインデー?ほっほう、女性が思い人である男性にチョコを渡して思いを伝えるイベントか(ほしい)。フッフ、わしにとっては関係のないこと・・・(ほしい)。だが・・・仲間はずれはおもしろくないのう(ほしい)。
 
 な、なんじゃ!?心の奥から絞るように湧き上がる声が!?ええい、これを解消するにはイベントに参加するしかないようじゃ(ひねくれもの)!
 これ女!わしにそのバレンタインのイベントを体験させい!!

 20060212142323.jpg


 ほほう、おぬし、わしにホの字じゃな??・・・誰じゃ!?いま古いとか言ったやつは!!まぁよい、さぁ女!わしにチョコを渡すのじゃ!思いは届くやもしれぬぞ!

 20060212142344.jpg


 ほっほうこれがおぬしの作ったビスケットか・・・ビスケット。ビスケット!?ななんと!チョコでないのか!?わしには焼き菓子で充分と!?


 キイテナイヨー

 20060209201404.jpg


 なにかわしの心の中でおかしな映像が代弁しておるな・・・

 無念・・・

 次回につづく

テーマ:バレンタイン - ジャンル:日記

  1. 2006/02/12(日) 14:34:30|
  2. 冒険譚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガジロンドンの航海日記6

 さぁ野朗ども!ガジロンドンじゃ!
 なにがさぁかはわしにも皆目さっぱりヘアーもさっぱりじゃて!
 
 なんじゃと!!

 なにはともあれ航海日記じゃ。
 海の怖さを体感したわし。初の海賊行為に苦汁を舐めた冒険家の次なる行動とは、やはり困難を克服せんがための勉強、すなわち戦闘修行じゃ!
 とはいえ、わしは冒険家。海賊ではないのでな。降りかかる火の粉を払うだけでよいのじゃ。必要以上に武力を持つ意味は無いのでのう・・・まぁ、奇麗事言うても結局は船を沈めるんじゃから、講釈はコレくらいにしよう。
 さっそく新型船で手ごろな海賊を探すとしよう。っと、おおいるのういるのう!!手ごろというのを絵で書いたような船がごろごろおるわい!
 ならず者、地方海賊、海軍くずれ、自警団などなど・・・。DQでいったら、スライム、スライムベス、まほうつかい、タホドラキーといったところか。うむ、タホドラキーはマイナーじゃな。
 このような雑魚ならばわしとて負けまい!うおりゃー襲うのじゃー!!
 
 20060209200746.jpg


 そしてわしのファルコン砲2門が火を吹く!!ちなみに当てる箇所によってダメージは異なるのじゃぞ!!側面→正面→裏面の順にダメージが大きくなるのじゃ!風も影響するらしいが贅沢は言っておれぬ。とにかく砲撃じゃー

 
20060209201056.jpg


 砲には射程があり、近距離では例外を除き攻撃できぬのじゃ。同様に、遠すぎても届かぬのでダメじゃ。まぁ、砲やスキルによって様々変わるんじゃがな。基本的には間合いを取ることが勝利の近道になるのじゃ!!さてそろそろ仕上げじゃ!!撃てー

 ドドーン!!

 
20060209201116.jpg



 わっはっは!!ならず者Aめ!わしの勝利じゃー!!

 まぁ砲撃せんでも直接船に乗り付けて白兵戦も出来るんじゃが、相手の強さによっては水夫がやられたりするでな。砲撃にせよ白兵戦にせようまく立ち回ることが重要なのじゃ。

 そして、このように敵を倒せば戦利品が入ることになるのじゃが、こいつらはラム酒やらジンやら、酒ばっか落としよる。御気楽な奴らじゃ・・・まったくもって・・・どうせこんな顔の奴らばかりなのじゃろうな・・・

 031118_kak_k1_barent_b.jpg


 幸せそうじゃな・・・w とにもかくにも、このように修行を経て、さらに逞しく成長したわしじゃが、これでもまだまだ未曾有の危機が待ち受ける。それが海。それが男。ムッハーーーー!!!!

 さらに雄雄しくなったガジロンドンの今後を活躍を見逃すでないぞ!

 次回に続く!
  1. 2006/02/09(木) 20:28:03|
  2. 冒険譚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガジロンドンの航海日記5

 ・・・・・・・・・・苦・・・・・・・・。

 ・・・ここはドコじゃ・・・??

 ・・・わしは誰じゃ・・・

 そうじゃわしは・・・ガジロンドンじゃ。思い出したぞ!
 船で航海中に、海賊に襲われて・・・ハッ、体は無事か!?五体満足か!!??
 おお大丈夫じゃ・・・うぬ!? むむ!?
 なんということじゃ・・・髪の毛が無い・・・無念じゃ・・・
 どうやら、わしは難破した挙句、流れ流れてボルドーに着いたらしい。船員は、誰もおらぬ。あのバカ水夫どもは、もういないのじゃ・・・。そう考えると奴らのことも愛おしく思えるのう・・・。

 わしは冒険の途中、私掠船に襲われ、拿捕、難破という不幸に見舞われた。幸い船はまだ動く・・・。じゃが金も食料も水夫も交易品も何も無い。あるのはわしの体と船のみ。
 敗北じゃ・・・人生の敗北じゃ・・・わしはこれからどうしたらいいのじゃ・・・ん?おお!!そうじゃ!そうじゃった!!
 
 わし保険入っとるんじゃった!最低の1等級!うおお希望が漲る5秒前!!銀行へロケットダッシュじゃゴーゴーゴー!!
 
 チャキーン 保険金として27680D支払われました

 うおおおー!!わしって堅実!そして強運!なんせ保険入ったの10日前くらいじゃからな!わっはっは!
 しかしこれでもってそのまま航海するのは正直危険じゃな・・・なんせ一撃で轟沈する船では不安もクソも無いもんじゃ。これはどうやら船を新調せねばならんようじゃな・・・
 思い立ったが吉日。さっそく造船所へ行くことにする。実は預金が1万Dほどあったりしたわし。合わせて3万Dほどは資金に出来るわけじゃな。早速親方に声を掛ける。船を見せてくれまいか親方!
 
 この資金で買える船はどうやら「ハンザ・コグ」というヨーロッパ北部の航海同盟が造り上げた小型船であるようじゃ。お値段24000D。
 ぬう・・・背に腹は変えられぬ・・・。ええーーい買った買ったぁー!
 かくして購入した2号船。勇姿を見せようぞ!

 20060206212310.jpg


 遠くに見えるのは幻じゃ。気にするな。わしの船は最高じゃからな。きっと幻じゃ。
 とにかくようやっと出港準備を終え、ボルドーでの冒険情報も聞き出した。その情報によると、
 「アムステルダムの教会に情報があるよ」
 とのこと。
 
 ヲイ。アムステルダムっておまえ・・・
 ロンドンより遠いんじゃぞ・・・
 わしはロンドンから来たんじゃぞ・・・
 帰るどころか素通りしてまた内地に向かえというのか!!
 なんという仕打ち。また海賊に襲われたらどうするんじゃ・・・

 ・・・
 いや!!わしは冒険家じゃ!そうじゃ!負けてなるものか!!

 「海賊に行く手を阻まれるなら、海賊をけちらせばイイジャナイ。」
 
 おっとマリーアントワネット節になってしもうたな。しかしそのとおりじゃ!これは戦闘経験を積めとの神の啓示じゃ!
 わしはやるぞ!!やってやるのじゃ!未踏の大地への第一歩は、冒険のそれではなく海賊退治にありじゃ!

 そんな紆余曲折で海戦修行を始めたガジロンドン。どうなるものか!

 次回へ続く

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2006/02/06(月) 21:34:31|
  2. 冒険譚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

がじろう

Author:がじろう

俺様の名前はマサトシだぴょん!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する