FC2ブログ

がじろうのレンジアップ浪漫譚

まぁなんというか自らのお昼のためだけに料理をする中年差し掛かり野郎が、せっかくなのでとっても適当にブログしてみようと思ったわけなんだ。うん。・・・うん。

ガジロンドンの航海日記1

青い海。

 白い空・・・。
 
 ムサいはげ親父・・・。

 ・・・

 なんだと!!

 おっといきなりご立腹になってしもうた。お初にお目にかかる。なに?お前など知らん?
 それはそうじゃろう、なんせ初対面じゃからな。ワシか?(聞かれてない)

 良くぞ聞いた!!(聞かれてない)わしこそこの大海原を我が物にせんとす、イギリスの大冒険家ガジロンドンじゃ!イギリスの首都ロンドンに生まれ、はげるまではショボい生き様を全うし、はげてから大海原に夢を馳せる思いに目覚めた航海者のはしくれじゃ!わっはっは!!

 だれがハゲじゃ!!

 思いのたけは頭皮に希望を持たせると自らを奮い立たせ、ひいてはこのイギリスをワシの力で世界一の国家にすべく、立ち上がったのは今、この瞬間。
 つまり髪の毛が生えたらいいなと。
 思い立ったが吉日じゃ!さっそくここ北海の地から船を漕ぎ出すのじゃ!ムハー

 まずはわしが立ち寄ったのは冒険者による、冒険者の為の組合「冒険者ギルド」。どうやら冒険者とは、様々な国へ行き来することを利用して、人々から何かしらの依頼を受けることによって報酬をもらい生計を立てる職種を指すらしいのじゃ。フ、わしにとっては朝飯前のブレックファーストじゃ!つまり二度飯じゃ。痛風になりそうじゃ。

 ここでギルドマスターとかいう偉そうな奴から、わしが海に出て、他国に入港してもいいコトを認める紙切れ、つまり航海許可証を受け取る。しかしどうやらこれは「北海」だけに限りということらしく、イギリス近辺の諸国だけがわしの夢の世界ということになるらしいのじゃ。ぬう・・・わしを侮りおってこの若造め。
 ブツブツいいながらもそれを受け取ると、「用意が出来たらさっそく依頼を受けてみるんだな」と言われた。ヌックク、若造めがぁいやいかんいかんストレスは毛髪の敵じゃ

 さっそく冒険者依頼仲介人に話しかけてみる。すると、おおあるぞあるぞ依頼が!!なになに・・・?
 ほほう、「まずは町の顔役たちに挨拶をする」んじゃな?ほうほう・・・シェークスピアだの、ジョン・ディーだの、「お初にお目(ry ふむ、終了じゃ!チョロいもんじゃうわっはっは!!
 おお、こんなことで500D(ドゥカート)ももらえるのか!!フッフフ、わしならもっと安くして懐にいやいやいかん不正は毛髪に悪いからな

 そんなこんなで街中の依頼をこなしてきたわしじゃが、ようやっと海に出られる依頼が舞い込んだ。
 「あんたの腕を見込んで頼みがある。アムステルダムに行ってそこの教会のステンドグラスの製作者を調べてほしいんだ」とな。
 自分で調べい!!
 これでは話にならんな・・・。からかってないでわしの初の航海の依頼としよう。さっそく船を出すとするか!!
 わしの駆る船は冒険用バルシャという少人数でも操作が出来る小型の船じゃ。無敵じゃ。(初期の船なので弱い)帆が風を一杯にはらめば神速じゃ。(初期の船なので遅い)とてもゴージャスじゃ!(初期の船なのでタダだし安い)ええいなにか不愉快な気持ちがこみ上げてくるのはだれかに馬鹿にされてるからか!?
 船の出港にはもちろん船を動かす船員が必要じゃ。ワシが雇っているのは5人ほどの水夫。酒さえ飲めば疲労がふっとぶちょっともしかしたら馬鹿?な奴らじゃ。
 無論こいつら含めわしが航海する際に食す水と食料が航海には必要じゃ。他には海賊に襲われたときのための戦闘用の大砲や、壊れた船を直すための資材なんかもいる。船を出すには金がかかるのじゃ!
 それらの用意をしながらようやっと出航!目指すはロンドンより南方、ネーデルランドの首都アムステルダムじゃ!
 帆をあげーい!ヨーソロー!風はどこから吹いとるか?風を一杯に受けるんじゃぞー!おおこりゃなかなかコツがいるな・・・と、なんじゃこのアイコンは。ポチっとな
 ピキーン
 なんじゃなんじゃいきなり船のスピードが上がったぞ?これはなんじゃ?
 ・・・なんと自動で風を最大に受けられるスキル「躁帆」とな!!
 しかしこれを使うと「行動力」が減るのか。うまくつかわんとな。しかし便利じゃ!
 イヨォーいけーブッチギリじゃー!・・・
 ・・・
 ・・・・・・ぶっちぎりで他の船に抜かれとる・・・
 ぬがぁーーーーーー!!このボロ舟がーーー!!!
 魂燃やしてぶち抜かんかーーい!!!!
 
 ---とか吼えつつアムステルダムに4日かかって到着したガジロンドンであった。---

    次回に続く。
スポンサーサイト



テーマ:空想日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/02/05(日) 08:37:15|
  2. 冒険譚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガジロンドンの航海日記2 | ホーム | 画・像ム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gajirou.blog50.fc2.com/tb.php/5-2b17870f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

がじろう

Author:がじろう

俺様の名前はマサトシだぴょん!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する